MEO対策方法とその活用法、コンバージョンを上げるまで

ブログの検索結果対策にはSEOが有効ですが、店舗だとMEO(Map engine optimization)と言われているのはご存じでしたか?ここでは、どのような業種がMEO対策に力を入れるべきか、また、対策方法はどのようにしたら良いかについて述べます。

このページを最後まで閲覧すると、MEOの概念と力を入れるべき業種、対策方法、事業者の収益改善方法、それらの効果を学ぶことが出来ます。

MEOとは

MEOはその名の通り、Googleの地図検索結果の最適化となります。ブログや企業サイトを運営されている方であればSEOという言葉は耳にしたことがありませんか?SEOのGoogle map版がMEOであると考えていただければわかりやすいと思います。

Google map検索で出てくる情報には制限が掛けられています。それは一般のブログなどは表示されないと言うことです。具体的に言えば、Googleマイビジネスに登録された事業者しか表示されません。このため、ライバルとなるのは、物理的に近くに存在する同業他社となります。

Googleマイビジネスは誰でも登録できる

条件がありますが、誰でも登録が可能です。その条件とは、地図上に物理的に存在する事務所や店舗などを有する事業者で有ることです。無料で登録もできますので、もし登録されていない方は登録しておきましょう。

MEOが有効な業種

あなたがGoogle mapで何かを検索するとき、よく使うキーワードは何でしょうか?ほとんどの人が、「場所+居酒屋」といったものになっていると思います。このキーワードを分解すると、場所という情報と居酒屋という情報に分かれます。

この居酒屋などの多くの人が検索するキーワードになる業種がMEOが有効に機能する業種となります。多くの人が検索するワードとしては、居酒屋や喫茶店などの飲食業や歯科医、整骨院、整体などの病院関連となります。

MEO対策

MEO対策のためにはいくつかの活動を行うことが必要です。その活動はおおきく3つに分かれており、

1. 検索対象となる

2. 上位表示させるためのいくつかの手法を実行する

3. 他の媒体とも連携する

となっています。

つづいて、それぞれの詳細について述べます。

検索対象となる

まずはGoogle mapの検索対象となる必要があります。先述のとおり、MEO対策をする前に、Googleマイビジネスの登録が必要となります。もしされていない場合はすぐにやっておきましょう。

すぐにやってほしい大きい理由がひとつあり、それは、Googleが認知するために数ヶ月を要することがあるからです。通常のWEBサイトで言えばドメインパワーが弱いということになります。従って、登録後も数ヶ月は表示されないか、下位にしか出てこないと言うことがよくあります。

上位表示させるための手法

上位表示させるための手法はいくつかあるのでその手法を詳細に記載します。

口コミを活用する

Google mapに自社が表示されるようになったら、次に行うべきは口コミを増やすことです。Googleはユーザーに対して有益な情報を提供することをポリシーとして掲げています。すなわち、口コミはユーザーの意見そのものであり、それが増えることでGoogle からはその企業がユーザーとコミュニケーションを取り、有益な情報を発信していると判断されます。

ただし、注意点もあります。口コミは良いものばかりではありません。悪い口コミもあれば、冷やかし、いたずらなどもあり得るでしょう。そのようなリスクとの戦いもありますが、来店されたユーザーさんに口コミを書いてもらえるような情報の発信をすることでMEO対策となります。

更新をする

ブログと同様に更新頻度を毎日とは言いませんが週に2~3回は行いたいものです。ユーザーに対して常に最新の有益な情報を発信し続けているとGoogleによって判断されれば上位表示されやすくなります。

他の媒体とも連携する

飲食業などでは大手口コミサイトなどがあり、そういった媒体にも積極的に登録しましょう。外部からの被リンクなどもMEOには有効です。加えて、そこで店舗名を覚えてもらえればGoogle mapで検索、クリックしてもらうことができます。

コンバージョンを増やす

いくらMEOで上位に表示されたとしても、実際にクリックしてもらい、店舗に来てもらわなければ収益は増えませんよね?そこで、ここではMEO対策と合わせてやりたいことを述べます。

内装もストリートビュー化

例えば、女性向けの内装がおしゃれな店舗が売りの個人喫茶店があったとしましょう。そのときに、女性の方はお店の外観だけでそこに行こうと思いますか?口コミなどが無い限り、なかなか足を運んでもらえませんよね?

そこで、活用したいのがインドアビューと呼ばれる機能です。これはGoogle mapのストリートビューを内装にまで拡張したもので店舗の中身が見えます。内装に凝っている、仕切りなど、お客様への配慮が適切に出来ているといった強みを言葉だけではなく、写真で伝えることが出来るツールですので、是非活用してみてください。

投稿機能を活用する

Googleマイビジネスには投稿機能があります。記事の有効期限は1週間と短いですが、Google mapを頼りに集客されているような店舗ではサービスチケットなどのちょっとしたサービスをつけるとより効果的です。せっかくの機能ですのでどんどん利用しましょう。うまく更新と合わせることで負担も減らすことが出来ます。

飲食店ならお店で一押し料理の写真を貼る

飲食店を選ぶ際に、店舗名や提供している料理の種類といったジャンルで検索されることが多いですが、検索結果からお店を選ぶときには実際の料理の写真を頼りにすることが多くあります。やはり、同じような価格帯であればおいしそうな写真の方を選ぶのが人間の心理です。

従って、飲食店はお店を特徴付けるような写真をGoogle マイビジネスと一緒に掲載する方が良いでしょう。

MEO対策によって最終的に得られる効果

MEO対策とさらにコンバージョン対策について述べてきました。ここからはそれらの効果によってどのようなメリットが出てくるか紹介します。

Google mapに上位表示される

例えば、居酒屋を検索したときに、自社の情報がTopに表示されるとどうなるでしょうか?通常、上から順番に閲覧されていきますので必然的にクリックしてもらえる確率が上がります。ここまで来ればMEO対策のひとつは達成できたようなものです。

ただし、MEO対策を行ったとしても競合他社が強敵である場合は特に注意する必要があります。それはGoogle mapの検索結果には最初3社分の情報しか記載されないことです。このため、非常に強い競合が3社以上ある場合、MEO対策のために相当な労力を掛けて実行する必要があります。

収益改善が見込める

自社情報が上位表示された場合、集客できる可能性も上がります。なので、前述のコンバージョンを増やすという方法についてもMEO対策と同時に行う必要があります。せっかくのチャンスを写真やインドアビューがないために逃してしまうのももったいない話です。

まとめ

MEOの対策は企業サイトと同じで更新頻度が高くないといけません。さらにお客様の口コミを利用しなければいけませんので、企業サイトの運営よりも負担が大きくなります。しかし、飲食業、医療といった分野は競合が多く、他者との差別化も必要です。その対策のひとつとしてMEOを積極的に改善することをオススメします。