SEO対策より安くて効果があるMEO対策

SEO対策をする目的

マーケティングをするときはより多くの人に店を知ってもらい、集客を伸ばせるようにしたいものです。

SEO対策は検索エンジン最適化で、インターネットで目的地にある飲食店や宿泊施設などを調べると探しやすくなります。

検索エンジンはGoogleやYahooなど複数の方法がありますが、ただ単に情報を掲載するだけでは同じキーワードの組み合わせで検索しても数が多くなれば表示されにくくなります。

このような状況の中で新規出店をして利用してもらうためには上位に表示されるようにしないと情報が埋もれてしまい、周知してもらえなくなるためチャンスを失いやすいです。

SEO対策はこのような状況を避けるために有効で、主要駅や有名なリゾート地または観光地の近くなど競争が激しいエリアにおいて競争に勝ち抜く方法としても効果があります。

検索で上位に表示されるようにするためには内部構造を整えコンテンツを追加するため、一般的には半年から1年かかる傾向が強いです。

SEO対策は検索上位に表示させる方法として様々な目的で使われますが、マーケティングでは費用対効果を生み出せるようにしないといけません。

マーケティングは新規の利用者を確保し長く定着してもらえるようにしたいもので、成功させるためには期待を裏切らないようにすることが大事です。

最近ではパソコンだけでなくスマートフォンからインターネットにアクセスして利用する人も多く、情報を探しやすくすると新規の利用者を集めやすくなります。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策はGoogleマイビジネスにおいて地図上で情報を表示でき、行きたい場所の情報を検索するとひと目見るだけで分かります。

地図は最寄り駅からのルートを詳しく紹介するため、わざわざ場所を調べる必要がなくて便利です。

最近では、MEO対策をして新規出店を行うために参考にする企業も増え、マーケティングを有利に行える方法としても注目されています。

SEO対策はあくまでも検索上位に表示させる方法であり、地図ではなく住所で表記されるため初めて行く人には分かりづらいです。

また、以前から行われている方法のため利用者が多く、必然的に競争が激しくなってしまいます。

一方のMEO対策は始まってから時間が経過していないため、認知度も低く採用する企業が限られていることが特徴です。

このため、認知度が高くなく導入するだけで競争に勝ち抜くチャンスになるため、最適なプランを探すとマーケティングにも役立ちます。

検索結果は住所と地図で表示されて分かりやすくなり、出張や観光などで探しやすくなるためチャンスを拡大できることがメリットです。

MEO対策はいわゆるGoogle Map上で行うSEO対策のようなもので、初めて行くエリアでも目的の店を探しやすくなります。

最近ではMEO対策を行う業者も増えつつあり、競争に勝ち抜くためにはキーワードの組み合わせで探しやすくすることが望ましいです。

Google Mapの情報は店舗の住所や道順だけでなく、外観や内観の写真や口コミなどが投稿できます。

店舗の利用者は安心して入れることを重視して選ぶ傾向があり、少しでも期待に応えられるようにサービスを提供すると効果的です。

MEO対策はSEO対策と似ているような感じですが、Google Mapを使うことで利用者から見ると探しやすくて効果があります。

マーケティングにはMEO対策が最適

マーケティングは企業全体で売上を伸ばすよう目標を決め、より多くの人に利用してもらえるようにしたいものです。

SEO対策は費用が高く成果が出るまでには時間がかかり、利用者が多いエリアではどうしても競争が激しくなります。

また、新規の利用者を増やすためには宣伝や広告などを使わないと厳しく、トータルコストが高くなり困るものです。

逆に、MEO対策は企業の規模や目標に合わせて最適なプランを選べ、SEO対策と比べると費用が安く利用者も少なくてチャンスを増やせます。

マーケティングは新規の集客を見込めそうなエリアを選び、新規に出店して新規の利用者やリピーターを確保できるようにしたいものです。

MEO対策は順位チェックツールを浮かうと自店がどのような位置にあるのか把握でき、足りない部分を補うようにするきっかけになります。

行きたい商業施設や宿泊施設などの情報はパソコンよりスマートフォンで調べやすく、MEO対策をすると地図上ですぐに探しやすくなって効果的です。

掲載する情報は口コミなどが書けるため、良い内容が多くなれば検索上位に表示されやすくなります。

SEO対策はコストがかかる割には中途半端な効果しか生み出せないこともありますが、MEO対策は分かりやすく表示されるため結果が出るまで時間がかからないことがメリットです。

マーケティングをするときはMEO対策をすると認知度が低く、新規出店を行うために役に立ちます。

Google Mapはストリートビューなど分かりやすく表示でき、詳細を調べずにすぐに行きやすくて使い勝手が良いです。

さらにお客様の口コミを利用しなければいけませんので、企業サイトの運営よりも負担が大きくなります。

しかし、飲食業、医療といった分野は競合が多く、他者との差別化も必要です。その対策のひとつとしてMEOを積極的に改善することをオススメします。