MEOについていったいどのようなことができるのか

MEO対策とは、SEOとの違い

近頃、SEO対策やリスティング広告などは広く認知されるようになりました。

実のところ、ストア集客でこれらのWeb施策に取り組んでいる方は多々あるでしょう。

けれども、対策をあげている方はあまり多くないように思えます。

SEOやリスティング広告に比較して「出費が安価に、影響に即効性がある」といわれるMEO対策。

広告予算を多く取れないお店オーナー様を中心に相当流行が高い施策です。

この文章では、MEOとは何なのかという事を説明し、その良いところ、実のところの手順をご解説。

あまり予算がなく、その一方で新規に集客はやりたいと思っている方にMEOは最適の施策です。

そのエリアにあるお店の情報が3つ表示されており、MEO対策は、この3つの枠にお店をランクインさせることを目的とします。

MEO対策はSEO対策に対して期間が短い性質にあります。

SEO対策は内側組成を整えたり、コンテンツを付け足ししたりと、Webページすべてに施策を施さなければなりません。

それ故、俗には上位表示まで6ヶ月〜1年はかかります。けれども、MEO対策の時は早ければ1週間ほどで上位表示を実現する事ができます。

費用面でも期間的な面でもSEO対策よりメリットがございます。

なお、MEO対策はSEO対策よりもランニング支出がお手頃。

SEO対策は最低でも月額30万円ほど必要になるのに対して、MEOは月額数万円ほどである事が多々あるです。

マップ表示はいつものSEOの検索結果よりも上面に表示される事が多々あるため視認性が高く、リアルタイムでストア情報を探している良好ユーザーの来店や電話での質問、予約などのアクションにつながり、集客の見込みがとても高くなります。

SEO対策を行っていればありきたりにGoogleで検索した場合にSEO対策されたページより上に表示されるので検索結果一覧ページでユーザーの目にとまるチャンスが多くなります。

マップのクリック率について

MAPで検索したケースはバルーン付きで表示されるのでクリック率が格段に上がります。

実ストアに来店頂きたい産業オーナーにとってはMEO対策は今後不可欠です!Google広告は今やローカル検索のご時世に入っています。

リスティングやAdWordsを使って検索上位に上げるには多額な出費がかかってしまいます。

ビッグワードに対する広告入札が行われますが入札単価は上がる一方です。

うちにMEO対策を充分にしておけばお金を使わずに検索上位に上げる事ができます!!MEO対策を行う良い面は、特に外出時にiPhoneで現在地付近のレストランや居酒屋などを探すときに、上位に表示されていると目的意識の高いユーザーに高い訴求影響が見込めるという点。

「付近」や「近く」で買い物やカフェ、レストランを探す場合に皆様はスマートフォンで検索しますか?今や、8割以上の人が検索するご時世に突入しています。

外出中のストア検索は「現在直ちに」客となる確率も高く、事例によってはSEO対策よりも成果が望みできます。

それにより、MEOは実ストアで展開されている商いオーナーの方にとっては不可欠のWeb集客手段のひとつです。

このGoogleマップを上位表示させるMEO(マップエンジン最適化/MapEngineOptimization)対策(米国ではLocalSEOが一般的な表現)は、Googleマイ産業(Googleプレイス)に登録するだけでもうに開始出来られる手っ取り早いな集客技術と言えるでしょう。

MEO対策を行うべき要因として心積もりられるのは、まだMEO対策を行っている食べ物屋や会社が少ないので、「地域+(サービス)」などの検索キーワードでMEO対策を行う事によって、検索上位表示による集客増が見込み可能なという事です。

クリック率と短期間での集客について

この検索結果では講評などの評判情報も掲載されているため、必然的にクリック率が高まり、集客が売上に直結するため、短期間での影響が見込みできます。

初にMEO対策するために、Googleマイ商いに登録してみましょう。

ウェブサイトを持っているなら、ロケーションの名前を含んだアンカーテキストでのリンクも検索順位に影響を与えます。

Webページを持っていなくてもプレイスページへのリンクがMEO対策となり検索結果の上位に表示される事が見込みできます。

Webページ自体のSEO対策がMEOにも繋がり、検索結果の上位表示への土台づくりとなります。

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末で現地情報をリアルタイムで理解可能な現代社会では、Googleマップなどの地図サービスの影響が欠かせません。

ある特定のところへ訪問するとき、「どの道をクリアすれば、最短で行けるのだろう?」「東京都で名高いなDIYショップは、どこにあるのだろう…」と、質問に思った経験があると考えます。

その場合、インターネットでキーワード検索すると、検索対象となる実ストアの情報が検索結果に表示されます。

これは、Googleマップにそれに対し、会社情報を前もってに登録する事で実現できます。