MEO対策を講じると、どのような効果が期待できるか

今、インターネットの広告戦略と言うと、SEO対策が主流でしたが、今ではMEO対策に取り組む店舗や企業が増えてきました。
しかし、このMEO対策とは一体どのようなものなのでしょうか?

MEOとは

MEOとは、”Map Engine Optimization”の略称のことで、Googleマップのエンジン最適化のことを意味している言葉です。
そして、MEO対策となると、Webによる集客を高めるための方法の1つで、具体的にはGoogleマップに登録されているお店や企業の検索結果の順位を上昇させることを言っています。
このMEO対策を施すことで、この施策が上手く軌道に乗ると、Googleマップ内に留まらず、Google検索の検索結果ページでも上位に表示されるようになります。

どんな人に向いている対策か?

ただ、MEO対策のメリットを最大に享受できる人は、ある一定地域、すなわち対象エリアの中に実際の店舗を構えている事業主になってきます。
この条件に当てはまる事業者は、Googleマイビジネスに登録し、必要な情報をインプットすることで、SEO対策のようにポータルサイトを上位に表示させることなく、自分の商圏エリアで、上位表示させつつ、併せてマップ上に自店舗の場所を表示させることで、ライバル店と順位を競うことができるのです。

具体的には、どのような検索結果になる?

Google検索で地域と業種のキーワードを入力します。
この検索方法は「ローカル検索」と呼ばれていますが、ある地域の店舗や施設を検索し時に表示されることになります。
そして、一定のエリアにいくつの店舗情報が表示されてようになるですが、MEO対策を講じることによって、自分の経営する店舗をランクインさせるて表示させることができるわけです。

MEO対策のメリット

では、MEO対策のメリットには、どんなことが挙げられるでしょうか?

SEO対策よりリーズナブルな費用で短期間で上位表示が可能になる

インターネット戦略では、SEO対策やリスティング広告等の方法がポピュラーだったのですが、実際のところ、この方法で店舗集客のWeb対策を取り組んでいる人はたくさんいます。
しかし、MEO対策は、SEO対策やリスティング広告に比べて、費用が安く早く効果が笑われてくる特徴があります。
そのために広告の予算確保が厳しい店舗のオーナーにとっては、とても人気の高い施策となっています。
MEO対策はSEO対策に比べて上位表示までの期間が短い傾向にあります。
SEO対策はWebの内部構造を整理したり、新たにコンテンツを増やしていったりと、サイト全体に施策を打っていく必要があります。
そのそのため、SEO対策の効果が現れるまでに、一般的には上位表示で6ヶ月~1年もかかってしまいます。
しかし、MEO対策の場合は、その効果が表れるまでに、早いと僅か1週間程度で自店舗を上位表示させることが可能になってきます。
しかも、費用的な面でも、SEO対策よりリーズナブルな点も特徴的です。
MEO対策はSEO対策よりランニングコストがリーズナブルなので、SEO対策では、少なくとも月額30万円程度の予算を確保しておかなければなりませんが、MEOは月額数万円程でできるので、お店のPR効果対策として取り組みやすい施策なのです。

モバイルユーザーとの親和性が良い

今ではインターネットを利用する人の中で、スマホ等のモバイル端末で、情報検索する人の割合が50%を超えています。
しかも、このモバイル検索利用のニーズは、今でも伸び続けており、スマホやタブレットの代表的な活用法の1つと言ってもいいでしょう。
そのような中で、MEO対策に取り組むことが、非常に重要な意味を持っており、モバイル検索するローカル検索結果は、端末で一番最初に表示される状態になっています。
そのおかげで、新しい顧客を獲得するための有利な手段ともなっているのです。

MEO対策のキーワードは検索目的がハッキリとしている

MEO対策では、上位表示されるキーワードパターンは「地域名」+「業種名」がほとんどです。
「新宿+カフェ」や「新橋+居酒屋」等が典型的な例と言えるでしょう。
このようなキーワード検索の目的は、検索をする利用者、ユーザーの目的がハッキリしています。
「新橋+居酒屋」でいうと、検索する人の目的は、「新橋でいい居酒屋を見つける」ということになります。
MEO対策では、このようなローカル検索結果に情報が表示されていると、検索する目的が明確な利用者に自社店舗をしっかりとアピールすることができのです。
このようなユーザーの検索が明確になっているキーワード対策ができる点もMEO対策の大きなメリットです。
スマートフォン等のモバイル端末でのネット検索ができるからこそ、このMEO対策も非常に効果の高い施策として、注目されているわけです。
これから、SEO対策以上に高い効果のある施策として、ますますニーズが高まっていくことは言うまでのありません。