MEO対策をしたらどうなるのか

SEOは一人占めされている

SEOやリスティングは競合企業に独り占めにされており、すべての表示がライバル企業のものだけになっているという事はわりとないのです。

ただし、MEOでは対策している方も多くなかったり、対策の方法が分からないという方もいらっしゃいます。

表示枠が独占されてしまう事もあります。それ以外のアカウントが検索結果に表示するほど満喫していないとGoogleが決断しているからと言う事が考慮しられます。

つまり、独占している企業に比べると、それ以外のアカウントが追い付いていないのが特徴です。

貴方のアカウントが狙っているキーワードでライバル企業のアカウントに支配されてしまったら。

対策としてどんな感じでしたらいいのか?こちらが表示されていない所以が情報が十分ではないという事なら、情報を満喫させるのがいいでしょう。

多くの評判を集まるようにしたり、サイテーションをもらったりする事も重要な要素となります。

そのように上位に表示可能なような施策を遂行し、独占している競合アカウントに負けないGoogle自分ののアカウントを作っていく事が肝心です。

その上、もしもこちらの方がいいランキングであれば、その施策の手を出し惜しみすることなく、加えて強化し、こちらが独占を目指すのもいいでしょう。

SEOとMEO

MEOにはSEOなどと違って、独占可能なステータス、独占されているステータスというものが影響します。

もしもライバルアカウントに独占されている事例は、こちらも情報の満喫を図り、上位に表示する事を目指しましょう。

自身のアカウントが独占できているケースには、情報を加えて満喫させ、そのステータスを保てると集客を有利に行なう事ができます。

検索結果内の独占ステータスというMEOならではの説明にはなったが、結局のところ上位表示を目指すという事には移ろいがないのです。

充分にと自社アカウントの情報を満喫させて、上位表示を目指していきましょう!こうした曖昧な検索でもヒットされるようにするものがMEO対策となります。

万が一ヒットしなかった時、選択の余地にも入らないため集客ができないわけですから、ショップを運営する側にとっては生き死ににかかわる問題ですよね。

余談ですが、足を運んだ地域にてiPhoneを応用して検索するケースに役立つ情報となるため、MEO対策はスマートフォンととても親和性がいいトレードマークを持っています。

実のところにどれくらいの成果があるのか?を事例解説していきます。

とある東京都にあるペットサロンの時で、元来は認知度が高く、ペットのトリミングやペット宿泊施設を専門に取り扱っているエキスパートがMEO対策にトライしました。

ターゲットはスマートフォン世代です。先で触れたとおり、スマートフォンはMEO対策と親和性がよいため高い成果が見込みできそうですよね。

目的は東京ペット宿泊施設「東京ペットサロン」の検索でヒットする事で、集客力膨れ上がるを目指します。

対策前、こういった検索のケース…1ヶ月で1500回程度の表示回数でしたが、対策をしてから4ヶ月後6000回と驚異的な数字をだしたのです。

その結果、照会の回数が対策前よりも約2倍に増大し、その上クライアント確保も成功し大きな成果を出した結果となっています。

MEO対策は、あくまでも実お店で運営している事が前提要件です。

そもそもMEOは、GoogleMapに「ショップはここにあることをここのショップのベース情報はこれだよ!評判情報が書かれているよ!イメージもあるよ!」と情報を表示してくれる性能です。

実お店がなければ、こうした解説ができないためもちろんの前提前提ですよね。

言い方を変えれば、実ショップがあればどれほどの業種でもMEOの対象となります。

本人のショップの業種が美容院の事例、PRする中身は…地域名・色合いリング・パーマなど、関連する文言を使う事になるはずです。

けれども、お寿司・お肉・魚介類など、食べ物屋がPRする中身にしていれば関連性は低くなります。

その結果、Googleは活用者が求めている情報と決断せず表示順位を下げる事になります。

活用者がどれほどの検索をするのかを予想して利用しそうな言い回しでPRしていく事が要点です。

評判情報は使用者にとってもショップ側にとってもとても肝心な情報となります。

したがって、Googleも検索時に必須な情報と捉え上位に表示すべきショップか?と決断します。

つまり、この評判が多く質の高いモノであれば上位表示されるわけです。

こちらは評判投稿すれば○○円引き!のようなアイデアで多くする事ができます。

そして、評判投稿に対して、ショップ側の返答があるとGoogleからより高い評価がされ、上位表示に繋がります。

MEOやSEOにはすぐ影響しない

好意的な評判にはお礼を、悪い評判には真摯な応対をするような返答をするといいです。

SEO対策と同じくに、MEO対策をした後、スグに影響があるわけではないのです。

徐々にWebページへのアクセス数が増加して、徐々に照会の回数が増大していく心象です。

したがって、スグに結果を求め過ぎてしまって全然趣旨がないとMEO対策を辞めてしまう人もいるのです。

影響を体感する事が可能なのは、順調にいって数ヶ月先だというのを理解しておきましょう。

Googleマイ産業と呼ばれるサービスに自身の店舗が登録されているか?を見極めします。

検証手法は手っ取り早くで、単純にGoogleMapを開いて自らのショップを検索するだけです。

検索に入力すると、該当する情報の一覧が表示されます。その一覧に自身のショップが表示されているか?いないか?で判別する事ができるです。

ついでに、登録した覚えがないないのに自身の店舗や施設が表示されるのか?と質問に感じた人もいると考えます。