MEO対策をするとどんなことがあるの?

SEO対策を行っている企業は多いものの、MEO対策を行っている企業はそれに比べると少ないといえる状況です。

MEO対策を行っておくことで、いくつもの効果が期待できます。

では、どういった効果が期待できるのかを紹介していきます。

問い合わせ件数が増える

MEO対策をしておくと、地図アプリ上で店舗名が上位に表示されやすくなります。地図アプリ利用者の目に店舗名がとまりやすくなるのです。

問い合わせをしてもらうためには、まず店舗を知ってもらう必要があります。

店舗名が地図アプリ利用者の目にとまりやすくなれば、店舗を知ってもらうきっかけになり、興味を持ってもらえれば問い合わせにつながります。

地図上には店舗名とともに電話番号も表示されるため、検索者がアクションを起こしやすいようになっています。

検索エンジンから探す場合は、店舗の公式ホームページを開いて、電話番号を調べてといくつかのステップが必要になりますが、MEO対策をしておけばステップを省くことができ、利用者がアクションを起こしやすくなります。

知名度・信頼度の向上

Googleマップでは口コミを投稿することができます。お店についても口コミの投稿が可能です。

実際に利用したことがある方の口コミを見た人は、「信頼性がある」と認識する傾向があります。また、口コミ件数が多いほど信頼性が向上します。

知らないお店は、どんなところなのか不安があり、店舗に足を運びにくい傾向があります。しかし、口コミがあれば店舗の公式ホームページから出はわからないお店の情報を知ることができ、利用者はお店に対して信頼性や安心感を得られます。信頼・安心できるお店なら足を運びやすいです。

口コミサイトもありますが、悪質な口コミが投稿されていることがあります。

また、口コミを探すために口コミサイトを開き、店舗を探し、いくつものステップが必要でユーザーにとっては面倒です。

Googleでは公平性を保つ努力がされており、悪質な口コミは削除されます。そのため、投稿されている口コミは信頼性が高いと考えられます。

さらに、地図上で名前がよく表示されるようになると、多くに人の目によくとまるようになり、知名度が向上します。

来店者数の向上

問い合わせ数の増加、知名度や信頼度の向上によって、来店者数が増えることが期待できます。

知名度や信頼度の高いお店に対して、店舗への期待感や来店への意欲が高まります。

また、地図上で電話番号を確認できれば予約をしやすく、来店につながります。

そして、地図でルートを確認しやすいため、利用者にとって店舗に出かけるのも容易に感じられ、来店への意欲向上が期待できるのです。

SEOの場合は、店舗のホームページを開いて、アクセス方法を確認して、さらに地図アプリを開いてルートを確認しなければなりません。

来店見込み者は、いくつものアクションを起こしてやっとルートを確認できるのです。

MEOの場合はこういったいくつものステップは必要なく、お店までの経路を簡単に調べることができます。

面倒なことはやりたくなくて、ルートを調べる手間がかかるなら出かけない、となりかねません。

スマホの場合はGPS機能によってお店までの道のりを自動的に表示してくれます。

わかりやすい・簡単と、店舗に出かけるというアクションにつながりやすいです。

向いている業種

問い合わせ数の増加や来店者数の増加が期待できるMEO対策ですが、こういった効果が期待できる業種とそうでない業種があります。

特に効果が期待できる業種は、飲食店、病院、小売店など、一般の方が普段利用をするものです。

飲食店の場合は、ランチやディナーなどを食べるために検索する方が珍しくありません。

今いる地域の近くでお店がないか探すとき、地図アプリが便利です。MEO対策をしておけば、こういったユーザーの目にめまりやすくなります。

かかりつけ病院があったとしても、急に具合が悪くなったときには地図を使って病院を検索します。

出かけ先で小売店を知りたいときにも、地図アプリが便利です。

土地感のない場所、知らないお店を探したいときなどは、MEO対策が強いです。

MEO対策はスマホとの相性がよい特徴があります。

出かけ先、土地感のない場所でその土地のことを知ろうと思ったとき、スマホが役立ちます。

パソコンは持ち運びしにくく主に自宅で使うもので、外ではスマホを利用することが一般的です。

スマホを使って喫茶店や駅などで検索をして、ユーザーはすぐに行動を起こすことができます。

まとめ

MEO対策をして期待できる効果は、問い合わせ件数の増加、集客率の向上、知名度・信頼度の向上などです。特に飲食店、病院、小売業は効果が期待できます。

さまざまな効果が期待できるので、MEO対策を行っていないのはもったいないです。

MEO対策に取り組む企業が多いときにこそ対策をしておくと、上位に表示されやすくなり、他企業よりも優位に立てることが期待できます。