MEO対策したらどうなるか

新規来客人数の増加が見込める

MEO対策を自社が施した場合において起こりえる現象としては、新規来客人数の増加が見込めます。

これは、MEO対策を施すことにより、自社がgoogleの検索エンジンのgoogleマップにて上位表示されるため、注目を浴びることができ、来場者が増加することを指します。

その為、飲食店などのサービス業においてはかなり重視している検索エンジン対策がMEO対策で、集客アップをすることが可能なため近年では検索エンジンのSEO対策に次いで注目されている対策法の一つです。

何故、SEO対策からMEO対策へと移行したかと言うと、単純に言いますと、検索エンジンのワード対策であるSEO対策はよくわからない部分が多く、結果を上位表示させることが難しくなり、注目を浴びることが出来なくなったのが大きな以降ポイントになりました。

MEO対策はと言うとgoogleマップ上にて上位表示させるための手法ですのである程度MEO対策のやり方を知っていると上位10位内に自社表示可能なので飲食店などはこちらに移行しているということです。

ホームページの無い小さなお店でもgoogleマップに登録されていれば宣伝可能

以前ですと会社や個人経営のお店は自社のホームページを作成し、SEO対策を施すことによって自社のサイトに導こうとするのが最も多い手法でした。
その為、自社を宣伝するには、ホームページを作り上げて宣伝しなければならず、検索エンジンに引っかかりやすいホームページ作りに莫大な時間とお金をかけていたのです。

しかしながら、MEO対策へと移行した場合、まずホームページは必要ではなくなくても対策を施すことが可能です。

これは、googleマップに自社の会社さえ登録されていれば、googleマップの自社情報を上位表示させるという手法で宣伝を行います。

また、飲食店であればぐるなびやホットペッパーなどの情報発信サイトに情報を提供しているのであればそちらから情報をリンクさせることも可能なため、リンクさせることでよりgoogleマップにて上位表示させることも可能です。

もちろん飲食店以外のサービスを提供している企業や個人経営店においても何かポータルサイトのような物で情報を発信していればそちらからリンクを構成し、googleマップへと情報を共有させることが可能なので、ホームページが無くても何らかの手段で自社を宣伝していればよりgoogleマップにて上位表示は可能で宣伝効果も生まれます。

何故、宣伝効果が生まれるかですが、googleマップはサービスや商品を提供している企業や個人経営店の場所を表示し、どういった物を扱っているお店であるかを表示することが可能です。

しかも、利用者や閲覧者は、お店がどのような物であったかをコメントとして残す機能があるため、口コミを記載できるのです。

この口コミを第3者が閲覧し、さらなる来場者を呼び込むと期待されるため、出来るだけ上位表示されるようMEO対策を施すのです。

逆に言ってしまえば、以前の方式であるSEO対策は自社サイト造りに労力と資金が必要で、なおかつその努力が実るかどうかすら分からないため、資金に余力がある企業しか自分のサービスや商品を紹介することが出来ず、個人経営のお店においては、自分のお店の場所ですら検索エンジンで表示されることが難しいという問題がありました。

それら、個人経営店のお店においては検索エンジンでヒットしないという問題を解消できる存在としてMEO対策と言う手法があり対策をすることによりお店の場所であったり、サービス、取り扱っている商品などを第3者に宣伝することが出来るということです。

ライバルが少ない内はMEOエンジンを独占できる

これはかなり大きな利点でMEO対策を施すことにより、自社のライバルとなる企業が対策に乗り出すまでの間は自社がマップエンジンを独占することが出来るのがMEO対策の利点です。

これは、SEO対策においてはすでにライバル企業も実地している可能性が高いが故、競合し上位表示されないという問題がありますが、MEO対策についてはいまだ対策を施していない企業もあり、ライバルとして認定されないが故、相手を差し置いて上位表示されるという仕組みです。

もちろん相手方のライバルも対策を施せば、いずれマップエンジンのシェアは奪われるでしょうが対策を施すことも可能で自社の持つgoogleアカウントの情報をより詳細に記載するなど対策を施せばまたシェアを奪い返すことも可能なので、ライバル企業が対策に乗り出さないうちはマップエンジンの検索結果を独占することが可能で、自社を上位表示することができ、なおかつ自社のPRをすることが出来るのです。

また、ライバルとなる候補がいない業種においては競合相手がいないので実質検索結果を独占することが出来ますので、ライバルがいない企業においてはMEO対策を施さない理由が無いと言ってよいです。